ロンドン出張 – Stories and Creative Innovation Hackathon in London

こんにちは、Sherpa製品開発本部の甲斐です。ちょっと日が経ってしまったのですが、4月に参加したFacebook主催のHackathonイベントについて書いていきます。

Stories and Creative Innovation Hackathonとは

Stories and Creative Innovation Hackathonとは、インスタグラムやFacebookなどで見る事ができるストーリーズ広告のより良いクリエイティブを製作やストーリーズ広告を世に広めるために何をしていくべきかをFacebookメンバーと話し合い、今後どのようなソリューションを打ち出していくかを決めるイベントです。日程は4/8,9の2日に亘って行われました。参加は弊社を含めて15社くらい。世界各国から来ていて、日本からは弊社を含めて2社の参加でした。

トーチライトは日本でも数少ないFMP(Facebookマーケティングパートナー)の中の1社なので、こういうイベントに招待されます。海外出張があるのはとても刺激があっていいですね。

さてさて、ストーリーズ広告のハッカソンイベントを主催するなんて、Facebookがどれだけストーリーズ広告を推しているかが窺い知れますね。残念ながらクローズドなイベントだったため詳細な内容は記すことができないのですが、ロンドンの空気だけでもお伝えできればなと思います。

その場で作るというより方向性を決める

「Hackathon」という名前から、その場で発表されるお題に沿って製品を作るというイベントを想像される方も多いかと思いますが、このHackathonはその場で何かを作るということよりもパートナー会社として今後何を作っていくかを詰めていく事が第一の目的となっています。なので今回のハッカソンでは実際にプログラミングをするというよりは今の技術を使ってこういうことができます、ああいうことができるかもというのを組み合わせてストーリーズ広告のための新しいソリューションを考えることが私の役目でした。

ヒースロー空港到着

さて、ロンドン初日です。

東京羽田空港から約12時間かけてロンドンヒースロー空港に到着しました。初めてのイギリスです。ワクワクと同時に緊張が止まりません。日本との時差は8時間。ここでびっくりしたのですが、イギリスにもサマータイムがあるのですね。日付はその年によって違うようなのですが、今年は3/31 – 10/27までがサマータイム適用期間のようです。イギリスと日本の時差は9時間!と思い込んでいたので着いていきなりのサプライズでした。

飛行機ではあまり眠ることができなかったのでこの時点でちょっとフラフラしてます。日本時間の朝に出発したので眠れるはずもなく。。。出発は日本時間の夜がおすすめかもです。(よく眠れるはず)

ヒースロー空港入国審査

空港に到着してまずするのが入国審査です。30分ほど列で待ったのち、僕に順番が回ってきました。

入管のお兄さん:「何しに来たの?」

甲斐:「Facebookのハッカソンに参加しに来ました」
(スッとハッカソンのウェブサイトをプリントアウトした紙を差し出す)

入管のお兄さん、15秒くらいじっと紙を見つめる。

甲斐(大丈夫かな。。。)

入管のお兄さん:「いつまでイギリスにいるの?」

甲斐:「木曜です。3日後には日本に帰ります」

入管のお兄さん:「OK、楽しんで」


無事に入国審査を終えてイギリスに入国できました!

入国ゲートの向こう側

地下鉄でホテルへ

空港に着いたらまずしようと思っていたことが、通信できる状態にすること、でした。持参のiPadには世界180ヶ国で使えるApple SIMが入っているので空港のWi-Fiから現地の通信キャリアに繋げてその場で契約しようと思ったのですが、なんと!!!できませんでした。

まさかのJCBのクレジットカードが使えず、結局通信契約できず。。。現地のSIMを買おうとも思ったのですが高かったので断念。まぁホテルでもWi-Fi使えるだろうし、一旦諦めて電車でホテルへ向かうことにしました。

電車のワンデーパスを買おうと思ったらいきなりバスのチケットを買ってしまい5ポンドを無駄使い。駅員さんに訊いて、気を取り直して電車のワンデーパスを購入(13ポンド!!高い!)し、ようやく電車に乗ることができました。約1時間電車に揺られ、目的の駅「ラッセルスクエアステーション」に到着しました。

ラッセルスクエアステーション

ラッセルスクエアステーションから歩いて10分くらいの所のホテルに到着しちょっと休憩してから少しお出かけしました(せっかくワンデーパスを買ったので!)

ロンドンを散策

地下鉄ピカデリーライン
改札
グリーンパーク
バッキンガム宮殿
ビッグベン(工事中)

Hackathon Day 1

時差もあり変な時間に目覚めましたがホテルで朝食を取り、Facebook社に向かいました。

ホテルの朝食。美味しかったです!

Facebookオフィスへ

Facebookオフィスまでは徒歩で約10分くらい。まだ人通りの少ないロンドンの朝を歩いていきます。

Facebookオフィスのビル

ストーリーズ広告の今と今後をインプット

ハッカソン初日はインプットの日です。Facebook、インスタグラムのストーリーズ広告についてのこれまでの分析結果の共有、こういう広告がよく見られている、またFacebookは今後こういう新規機能を用意してストーリーズ広告の普及をしていくよなどの共有が主でした。(多くを語れず本当に申し訳ないです)

フィッシュアンドチップス

初日を終えて、夜はFMPの担当者とレストランで食事をしてきました。

人生初のイギリスのフィッシュアンドチップスです。魚が大きいのに衝撃を受けました。日本でフィッシュアンドチップスっていうと小さな魚のフライって感じなので。あとやはりここでも食事は美味しかったです。イギリス料理が美味しくないという情報はデマだったようです。

Hackathon Day 2

さて、ハッカソン2日目です。この日はインプットではなく各社それぞれで分かれ、何を作っていくかを決めていく作業に取り掛かりました。Facebookメンバーが入れ替わり立ち替わり部屋に入って来てその都度コンセプトの説明から新しいアイデアの展開。Facebookメンバーの頭の回転の速さには驚きました。瞬く間にどんどんアイデアが出て来ます。

注)ここでも細かくは書けないのが非常に残念なのですが、今後弊社の新規サービスとなるように邁進していきたいと思います。

あっというまに2日目も終わり、夜は日本からのもう1つの参加企業の方々と食事を共にし、お互いの仕事やそれに対する想いなどを語り合いました。非常に楽しかったです。

最終日

最終日は夕方の飛行機の時間までは自由時間でしたので様々なところへ行ってまいりました。

ロンドンの観光バス

ハリーポッターショップ
ロンドン・アイ
Sketch
Sketch
Sketch
ベイカー街
シャーロックホームズミュージアム
大英博物館
ヒースロー空港

まとめ

今回は初のロンドンということで不安もありましたけど、楽しく様々なことを学ぶことができました。Facebook社の方々ともお話しできました。弊社以外のFMPの方々とも交流を持てました。また今後広告業界のエンジニアとして新しく挑戦したいこともできました。

前述した通り、イベントの詳細は細かく書くことはできませんでしたが、今回のハッカソンで制作すると決まったものがトーチライトの新規サービスとして打ち出せるように日々精進していきたいと思います。

アバター

administrator

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする